ジュニパーネットワークス認定資格プログラム(JNCP)のファイアウォール/VPN 認定資格プログラムは 2 段階のプログラムです。
TestpassportはJuniper JNCIS-FWV JN0-533試験に合格する目的のために習得しなければならないすべての知識を含んでいます。
弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533問題集は認定試験に合格できるための最良の選択で、認定試験に楽に受かる最高の保障です。
弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533参考書はあなたが正しいと供給される正確に書かれた説明と論理的にこれらの答えを正当化するために沿って答えます。
最高のJuniper JNCIS-FWV JN0-533試験問題集を提供して差し上げて、顧客のために1年間の無料更新サービスを提供します。
弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533勉強材料を選択すると、成功の保証である必要があります。

JN0-533試験情報:

試験コード: JN0-533
試験名称:FWV、スペシャリスト(JNCIS-FWV)
筆記試験 世界各地のピアソン VUE テスト センターで管理
試験の所要時間: 90 分
試験形式: 選択問題 70 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:なし

Juniper JNCIS-FWV JN0-533筆記試験は、ジュニパーのファイアウォール/VPN シリーズ製品および ScreenOS ソフトウェアに関する中級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、セキュリティーとルーティングの技術とそれに関連するプラットフォーム構成の知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。

JNCIS-FWV 試験のトピックは、推奨される講師主導型トレーニング コースの内容およびその他のリソースをベースとしています。

弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533勉強資料の高品質を知ることができ、一番良いものを選んだということも分かります。
弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533勉強問題集を利用したら、あなたは試験に準備する時間を節約することができるだけでなく、試験で楽に高い点数を取ることもできます。
弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533練習問題は本場のテストと非常に良く似ており、これらの問題の解答は全て標準指標になっています。
弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533参考書は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします

JN0-533試験のトピックは以下のとおりです。

システム設定および初期構成
レイヤー 3 運用
セキュリティー ポリシー
NAT
IPsec VPN
高可用性
攻撃防止
システム管理、管理、監視

弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533練習問題は実際の試験で95%の類似性を有する高品質を持っています。
弊社のJuniper JNCIS-FWV JN0-533練習資料を利用すれば、あなたはこの資料の特別と素晴らしさをはっきり感じることができます。
仕事しながらJuniper JNCIS-FWV JN0-533試験の準備をすることはもともと大変で、複数の試験を受験すれば非常に多くの時間が必要です。
最新のJuniper JNCIS-FWV JN0-533試験情報を持つことができます。
Juniper JNCIS-FWV JN0-533質問と回答は、試験に参加した候補の中ほどの人気です。

1.Your ScreenOS device does not have a static IP address.You want to be able to access it using its
FQDN.How would you implement this task?
A.Configure a domain in DNS.
B.Configure syslog.
C.Configure SNMP.
D.Configure DDNS.
Answer: D

2.You have just installed a new ScreenOS device in your network and you want only a select range of IP
addresses to have administrative access to the device.Which choice will allow you to accomplish this?
A.Configure a manager IP.
B.Configure the management interface.
C.Configure a management IP on the trust interface.
D.Configure new system administrators.
Answer: A

3.A routing table contains an IBGP route for 192.168.0.0/24, a RIP route for 192.168.0.0/23, an OSPF
route for 192.168.0.0/22, and a static route for 192.168.0.0/16.When the router receives traffic destined
for 192.168.0.1, which route will the router use?
A.the IBGP route
B.the OSPF route
C.the RIP route
D.the static route
Answer: A

4.You are troubleshooting telnet traffic destined to IP address 10.10.10.1.You decide to run debug and
want to set the flow filter.Which command will show only the telnet traffic going to the 10.10.10.1 address?
A.ssg5-serial-> set ffilter dst-ip 10.10.10.1 ssg5-serial-> set ffilter dst-port 23
B.ssg5-serial-> set ffilter dst-ip 10.10.10.1 dst-port 23
C.ssg5-serial-> set ffilter dst-port 23
D.ssg5-serial-> set ffilter dst-ip 10.10.10.1
Answer: B

5.You have enabled BGP on your ScreenOS device and configured a single EBGP peer.The CLI shows
that the BGP connection is transitioning between the CONNECT and ACTIVE states, but never reaching
the ESTABLISHED state.What are three reasons for this behavior? (Choose three.)
A.The peer is blocking traffic destined for TCP port 179.
B.The peer address is not configured correctly.
C.The enable statement has not been configured for the peer.
D.The peer AS number is not configured correctly.
E.BGP has not been enabled on the virtual router.
Answer: ABD