いつもあなたに最高のJuniper JNCIP-SEC JN0-634認定試験に関連する試験参考書を与えられるために、Testpassportは常にJuniper JNCIP-SEC JN0-634問題集の質を改善し、ずっと最新の試験のシラバスに応じて問題集を更新しています。
弊社のJuniper JNCIP-SEC JN0-634問題集は初回のみが正常にそれを渡すために%kemu%試験に参加するためにあなたを可能にするだけでなく、あなたは貴重な時間の多くを救うことはできません。
弊社のJuniper JNCIP-SEC JN0-634勉強材料を使用すると、ステップバイステップを成功することができます。
弊社のJuniper JNCIP-SEC JN0-634試験資料を使用すると、IT認定試験に参加する候補者のそれぞれのために絶対に合理的かつ適切です。

JN0-634試験概要:

試験名称:セキュリティ プロフェッショナル(JNCIP-SEC)
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:120 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIS-SEC

Juniper JNCIP-SEC JN0-634筆記試験は、SRX シリーズ デバイス用ジュニパーネットワークス Junos OS に関する上級レベルの知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、高度なセキュリティ技術とそれに関連するプラットフォーム構成の知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。

JNCIP-SEC 試験のトピックは、推奨される講師主導型トレーニング コースの内容およびその他のリソースをベースとしています。

JNCIP-SEC 認定資格は 3 年間有効です。再認定オプションを確認するには、再認定 Web ページに進んでください。

Juniper JNCIP-SEC JN0-634試験の目的の詳細は以下のとおりです。

アプリケーション認識型セキュリティ サービス
Security Director のロギングおよびレポーティング
Sky ATP
UTM(統合脅威管理)
IPS(侵入防御システム)
SDSN(Software Defined Secure Networks)
ユーザー ファイアウォール
レイヤー 2 セキュリティ

弊社のJuniper JNCIP-SEC JN0-634勉強資料の指導を従えば、初めて認定試験を受けるあなたでも一回で試験に合格することができます。
弊社のJuniper JNCIP-SEC JN0-634試験資料に非常に満足になると考えています。
弊社のJuniper JNCIP-SEC JN0-634試験トレーニング資料は成功したいIT職員のために作成されたのです。
受験者はJuniper JNCIP-SEC JN0-634テストに合格するためにたくさんのルートを選択肢があります。
弊社のJuniper JNCIP-SEC JN0-634問題集が助けることができるようになり、あなたは試験に合格します。
Juniper JNCIP-SEC JN0-634無料サンプルをご参照ください

1. Topic 1, Exam Set A
What are two network scanning methods? (Choose two.)
A. SYN flood
B. ping of death
C. ping sweep
D. UDP scan
Answer: C,D
Explanation:
The question is about the network scanning. So correct answers are ping sweep and UDP scan as both
are port scanning types.
Reference: URL: http://althing.cs.dartmouth.edu/local/Network_Scanning_Techniques.pdf

2.What are two intrusion protection mechanisms available on SRX Series Services Gateways? (Choose
two.)
A. routing update detection
B. traffic anomaly detection
C. NAT anomaly protection
D. DoS protection
Answer: B,D
Explanation:
Juniper IPS system prevents Traffic Anamoly detection and DoS/DDoS attacks.
Reference: http://www.juniper.net/in/en/products-services/software/router-services/ips/

3.What is a benefit of using a dynamic VPN?
A. It provides a layer of redundancy on top of a point-to-point VPN mesh architecture.
B. It eliminates the need for point-to-point VPN tunnels.
C. It provides a way to grant VPN access on a per-user-group basis.
D. It simplifies IPsec access for remote clients.
Answer: D
Explanation:
Reference: http://tutarticle.com/networking/benefits-of-dynamic-multipoint-vpn-dmvpn/

4.What is a benefit of using a group VPN?
A. It provides a layer of redundancy on top of a point-to-point VPN mesh architecture.
B. It eliminates the need for point-to-point VPN tunnels.
C. It provides a way to grant VPN access on a per-user-group basis.
D. It simplifies IPsec access for remote clients.
Answer: B
Explanation:
Reference: Page 4
http://www.google.co.in/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&ved=0CCkQFjAA&url=h
ttp%3A%2F%2Fwww.thomas-krenn.com%2Fredx%2Ftools%2Fmb_download.php%2Fmid.x6d7672335
147784949386f3d%2FManual_Configuring_Group_VPN_Juniper_SRX.pdf%3Futm_source%3Dthomas-
krenn.com%26utm_medium%3DRSS-Feed%26utm_content%3DConfiguring%2520Group%2520VPN%
26utm_campaign%3DDownloads&ei=C2HrUaSWD8WJrQfXxYGYBA&usg=AFQjCNFgKnv9ZLwqZMmb
zAfvGDPvoMz7dw&bvm=bv.49478099,d.bmk
Reference (page no 12)
http://www.juniper.net/techpubs/en_US/junos12.1×44/information-products/pathway-pages/security/secur
ity-layer2-bridging-transparent-mode.pdf

5.What are two AppSecure modules? (Choose two.)
A. AppDoS
B. AppFlow
C. AppTrack
D. AppNAT
Answer: A,C
Explanation:
Reference: Page No 2 Figure 1
http://www.juniper.net/us/en/local/pdf/datasheets/1000327-en.pdf