JNCDS-DC認定は、あなたのキャリアを開発するのに役立ちます。
JNCDS-DC認定のための完全な準備を行いますことは、JN0-1300試験認定の最も貴重な現代の一つです。
JNCDS-DC 試験の目標(試験:JN0-1300)
このリストは、指定された認定資格試験に合格するのに必要なスキル セットの概要です。リストにあるトピックは変更される場合があります。

データ センターに関する設計上の考慮事項
イーサネット ファブリック アーキテクチャ
IP ファブリック アーキテクチャ
データ センターの相互接続
データ センター セキュリティ
データ センターの仮想化
データ センターのトラフィック エンジニアリング
データ センターの高可用性

TestpassportのJuniper JNCDS-DC JN0-1300勉強材料は、あなたの成功を達成するのを助けることができます。
弊社のJuniper JNCDS-DC JN0-1300問題集を使用すると、試験の準備に十分な時間を持つことができます。
弊社のJuniper JNCDS-DC JN0-1300参考書は良い品質と優れたサービスを提供しています。

試験コード:JN0-1300
試験名称:データ センター設計、スペシャリスト(JNCDS-DC)
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCDA
推奨されるトレーニング:
ジュニパーネットワークス設計 – データ センター(JND-DC)

Juniper JNCDS-DC JN0-1300筆記試験は、ネットワーク構築のプロフェッショナルやデータ センター ネットワークの設計、理論、ベスト プラクティスに関して中級程度の知識を持つ設計者向けに設計されており、データ センターのネットワーク設計の原理を受験者が理解していることを確認するものです。

Juniper JNCDS-DC JN0-1300試験のトピックは、推奨される講師主導型トレーニング コースの内容および掲載されているその他のリソースをベースとしています。

JNCDS-DC 認定資格は 3 年間有効です。再認定を受けるには、現在のバージョンの JNCDS-DC 試験に合格する必要があります。

Juniper JNCDS-DC JN0-1300出題内容の詳細:

データ センター設計に関する考慮事項
イーサネット ファブリック アーキテクチャ
IP ファブリック アーキテクチャ
データ センター相互接続
データ センターのセキュリティ
データ センターの仮想化
データ センターのトラフィック エンジニアリング
データ センターの高可用性

弊社のJuniper JNCDS-DC JN0-1300受験対策を使用すれば、試験に合格するのを助けるために全力を尽くすことを約束します。
弊社のJuniper JNCDS-DC JN0-1300問題集を使用すると、知識と経験を得るのに役立ち、試験に合格することができます。
弊社ののJuniper JNCDS-DC JN0-1300トレーニング資料はインターネットであなたの緊張を解消することができます。
最新の短期有効なJuniper JNCDS-DC JN0-1300試験内容を習得でき、作るために彼らの知識と経験を使用を達成することができます。
Juniper JNCDS-DC JN0-1300無料サンプルをご参照ください。

1.What are two valid types of software-defined networking architectures? (Choose two.)
A. hardware-based
B. controller-based
C. policy-based
D. actuation-based
Answer: B, C

2.Your customer wants to implement better quality of service for multiple mission critical applications.
How many bits of the Differentiated Services (DiffServ) field of a packet would be used as code-points to
achieve this goal?
A. eight
B. two
C. six
D. ten
Answer: C

3.The Junos Fusion architecture is comprised of which two components? (Choose two.)
A. interconnect devices
B. satellite devices
C. node devices
D. aggregation devices
Answer: B, D
Explanation:
The Junos Fusion architecture consists of two major components: “Aggregation” devices and “Satellite”
devices, which Juniper also calls Linux Forwarding Engines (LFEs). These components work together as
a single switching system,flattening the network to a single tier without compromising resiliency.
Explanation: https://www.juniper.net/assets/us/en/local/pdf/whitepapers/2000610-en.pdf

4.Which control plane protocol does EVPN use for MAC address mobility?
A. VPLS
B. STP
C. MP-BGP
D. E-LAN
Answer: A