ジュニパーネットワークス認定資格プログラム(JNCP)のエンタープライズ ルーティングおよびスイッチング プログラムにより、受験者はジュニパーネットワークス独自の技術に関する能力を証明できます。
受験者は、JN0-343 試験と JN0-346 試験のどちらか一方に合格する必要があります。両方合格する必要はありません。
試験コード:JN0-346
試験名称:エンタープライズ ルーティングおよびスイッチング、スペシャリスト(JNCIS-ENT
注:エンタープライズ スイッチングに関する項目は、Junos Enhanced Layer 2 Software を含みます。
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIA-Junos
Junos ソフトウェア リリース:
15.1
推奨されるトレーニング:
Junos 中間ルーティング(JIR)
ELS を使用する Junos エンタープライズ向けスイッチング(JEX-ELS)
JNCIS-ENT トレーニング バンドル(JIR および JEX)
その他のリソース:
Junos マニュアル一式

JN0-346 試験におけるエンタープライズ スイッチングに関する項目は Junos ELS(Enhanced Layer 2 Software)に基づきます。
弊社のJNCIS-ENT資格JN0-346問題集を使用すると、最も短い時間に縮められて、受験者の費用とエネルギーを節約することができます。
弊社のJNCIS-ENT資格JN0-346練習問題はお客様の貴重な時間とお金を節約するだけでなく97%以上の合格率を保証いたします。
弊社のJNCIS-ENT資格JN0-346過去問からの個性的なトレーニング解決策によって、仕事あるいはもっと良い仕事を確保できます。

JNCIS-ENT資格JN0-346筆記試験は、Junos でのルーティングとスイッチングの実装に関して初級から中級の知識を持ち実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、ルーティングおよびスイッチング技術とそれに関連するプラットフォーム構成の基礎知識、トラブルシューティング スキルを受験者が習得していることを確認するものです。
実際の環境で本格的なJNCIS-ENT資格JN0-346の準備過程を提供しています。
弊社のJNCIS-ENT資格JN0-346模擬問題集は無料の一年更新サービスも提供するに最も賢明な選択です。
最先端のJNCIS-ENT資格JN0-346試験問題のすべてのタイプをカバーし、提供するすべての正解です。

JNCIS-ENT資格JN0-346出題内容の詳細は以下のとおりです。

レイヤー 2 スイッチングおよび VLAN
スパニング ツリー
レイヤー 2 セキュリティ
プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
中間システム – 中間システム(IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
トンネル
高可用性

弊社のJNCIS-ENT資格JN0-346問題集は試験問題を広くカーバして、認証試験の受験生が便利を提供し、しかも正確率97%以上です。
真実のJN0-346問題と解答は最高の相似性があり、一年の無料オンラインの更新のサービスがあり、100%のパス率を保証します。

1.What are three RSTP port states? (Choose three.)
A. learning
B. forwarding
C. listening
D. blocking
E. discarding
Answer: A,B,E

2.Which two statements about RSTP are correct? (Choose two.)
A. RSTP is not backwards compatible with STP.
B. RSTP is backwards compatible with STP.
C. RSTP permits multiple root bridges within a Layer 2 domain.
D. RSTP permits only a single root bridge within a Layer 2 domain.
Answer: B,C
Explanation:
B: RSTP and STP can co-exist. RSTP achieves its rapid converges over STP through new mechanisms.
If a RSTP switch connects to an STP switch, the RSTP switch will drop down to STPconvergence speeds
on a per-port basis. C: Unlike 802.1d (STP), 802.1w (RSTP) uses Hello packets between bridges to
maintain link states and does not rely on the root bridge. References:
https://www.juniper.net/documentation/en_US/junos12.3/topics/concept/mx-series-rstp-port-states-roles.
html
http://www.ciscopress.com/articles/article.asp?p=474236&seqNum=3