JNCIS-ENT 試験の目標(試験:JN0-343 および JN0-346)
このリストでは、指定された認定資格試験に合格するうえで必要なスキル セットの概要について説明しています。リストにあるトピックは変更される場合があります。
レイヤー 2 スイッチングおよび VLAN
スパニング ツリー
レイヤー 2 セキュリティ
プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
Intermediate System to Intermediate System (IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
トンネル
高可用性
TestpassportはJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験に合格するように、最も有利な価格と最高のクオリティーを提供して差し上げます。
弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346問題集の高い正確率を保証するために、問題集を絶えずに更新しています。
弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346参考書を利用したら、あなたはもう最も良いJN0-346のトレーニング資料を見つけたのです。
弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験材料を使用すると、IT業界でより良い発展を持つことになります。

JNCP(ジュニパーネットワークス認定資格プログラム)では、2016 年 3 月 15 日より JNCIS-ENT 認定資格を取得するための新しいオプションとして JN0-346 試験が追加されることをお知らせします。
JN0-346 試験におけるエンタープライズ スイッチングに関する項目は Junos ELS(Enhanced Layer 2 Software)に基づきます。

受験者が JNCIS-ENT 認定資格を取得するには、JN0-343 試験と JN0-346 試験のどちらか一方に合格する必要があります。両方に合格する必要はありません。
JN0-343 試験には ELS のトピックは含まれていませんが、JNCIS-ENT 認定資格を取得するためのオプションとして引き続き有効です。
JNCIS-ENT 認定資格取得のために合格した試験がどれであるかに関わらず、JNCIA-Junos 認定資格は引き続き前提条件となります。

JN0-346試験情報:
試験番号:JN0-346(注:受験者は、JN0-343 試験と JN0-346 試験のどちらか一方に合格する必要があります。両方合格する必要はありません。)
試験名称:エンタープライズ ルーティングおよびスイッチング、スペシャリスト(JNCIS-ENT)
注:エンタープライズ スイッチングに関する項目は、Junos Enhanced Layer 2 Software を含みます。
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIA-Junos

Juniper JNCIS-ENT JN0-346筆記試験は、Junos でのルーティングとスイッチングの実装に関して初級から中級の知識を持ち実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、ルーティングおよびスイッチング技術とそれに関連するプラットフォーム構成の基礎知識、トラブルシューティング スキルを受験者が習得していることを確認するものです。

JNCIS-ENT 認定資格は 3 年間有効です。再認定を受けるには、JN0-343 試験または JN0-346 試験に合格する必要があります。

JN0-346出題内容の詳細は以下のとおりです。

レイヤー 2 スイッチングおよび VLAN
スパニング ツリー
レイヤー 2 セキュリティ
プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
中間システム – 中間システム(IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
トンネル
高可用性

弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験材料を繰り返すことで、知識を把握して試験に合格することができます。
良質のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験情報を提供することはできます。
常に最新のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験情報を得ることができることを意味します。
Juniper JNCIS-ENT JN0-346問題と答えを暗記しただけで、素人としても合格できます。