JNCIS-SP 試験の目標(試験:JN0-360)
このリストは、指定された認定資格試験に合格するのに必要なスキル セットの概要です。 リストにあるトピックは変更される場合があります。

プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
Intermediate System to Intermediate System (IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
レイヤー 2 ブリッジングおよび VLAN
スパニング ツリー プロトコル
マルチプロトコル ラベル スイッチ(MPLS)および MPLS VPN
IPv6
トンネル
高可用性
ジュニパーネットワークス認定資格プログラム(JNCP)のサービス プロバイダ ルーティングおよびスイッチング プログラムにより、受験者はジュニパーネットワークス独自の技術に関する能力を証明できます。

TestpassportのJN0-360問題集を使用すれば、あなたは自信を得ることができて、実際の試験で経験を活かして気楽に合格します。
お客様は初心者であれば、それとも自分の教育知識と専門技術を高めたければ、お客様の望ましい目標に段階的なJN0-360トレーニング資料を提供します。
JN0-360問題と解答は本物の試験の挑戦で、あなたのいつもの考え方を変換しなければなりません。

試験コード:JN0-360
筆記試験
世界各地のピアソン VUE テスト センターで管理
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 70 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIA-Junos
Junos ソフトウェア リリース:14.1
推奨されるトレーニング:
Junos 中間ルーティング(JIR)
Junos サービス プロバイダ スイッチング(JSPX)
Junos MPLS および VPN(JMV)
その他のリソース:
Junos マニュアル一式
RFC 4291:IP バージョン 6 アドレッシング アーキテクチャ
実務経験
模擬試験:スキル レベルの評価や知識のギャップの把握に、この無料の模擬試験をご利用ください。この模擬試験は、納得がいくまで何回でも繰り返し利用できます。開始
この筆記試験は、Junos でのルーティングとスイッチングの実装に関して初級から中級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、ルーティングおよびスイッチングの技術とそれに関連するプラットフォーム構成の基礎知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。

JNCIS-SP 試験のトピックは、推奨される講師主導型トレーニング コースの内容およびその他のリソースをベースとしています。

JNCIS-SP 認定資格は 3 年間有効です。再認定を受けるには、JN0-360 試験に合格する必要があります。

出題内容の詳細は以下のとおりです。

プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
Intermediate System to Intermediate System(IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
レイヤー 2 ブリッジングおよび VLAN
スパニング ツリー プロトコル
マルチプロトコル ラベル スイッチ(MPLS)および MPLS VPN
IPv6
トンネル
高可用性

テスト レベル 試験情報 説明
ジュニパーネットワークス認定インターネット プロフェッショナル(JNCIP-SP)

試験コード:JN0-660
試験名称:ジュニパーネットワークス認定インターネット プロフェッショナル(JNCIP-SP)
世界各地のピアソン VUE テスト センターで管理
試験の所要時間:120 分
試験形式:選択問題 70 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIS-SP
Junos ソフトウェア リリース:14.1
推奨されるトレーニング:
上級 Junos サービス プロバイダ向けルーティング(AJSPR)
Junos サービス クラス(JCOS)
Junos マルチキャスト ルーティング(JMR)
Junos MPLS および VPN(JMV)

JNCIS-SP JN0-360筆記試験は、ジュニパーネットワークス Junos OS に関する上級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、高度なルーティング技術とそれに関連するプラットフォーム構成の知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。