試験コード: JN0-332
試験名称:セキュリティー、スペシャリスト(JNCIS-SEC
世界各地のピアソン VUE テスト センターで管理
試験の所要時間: 90 分
試験形式: 選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格: JNCIA-Junos
Junos ソフトウェア リリース: 12.1X47
推奨されるトレーニング:
Junos セキュリティー プラットフォーム(JSEC)
Junos 統合脅威管理(JUTM)
その他のリソース:
ジュニパーネットワークス技術文書 12.1X47
ジュニパーネットワークス ナレッジ ベース
Junos セキュリティー 12.b
Junos 統合脅威管理 12.a
業界/製品知識
ジュニパーネットワークス Day One ガイド
模擬試験: スキル レベルの評価や知識のギャップの把握に、この無料の模擬試験をご利用ください。
JN0-332(Juniper Networks Certified Internet Specialist, SEC (JNCIS-SEC))模擬試験は、要領を得るまで、何回でも繰り返し利用できます。

TestpassportのJNCIS-SEC資格JN0-332問題集の品質は非常に良好であり、非常に高速な更新レートを持っています。
お客様のために、最も高い品質のJNCIS-SEC資格JN0-332勉強資料を提供し、実践に役立つ知識とスキルを身に付けます。

JNCIS-SEC資格JN0-332試験の目的の詳細は以下のとおりです。
Junos セキュリティーの概要
ゾーン
セキュリティー ポリシー
ファイアウォール ユーザー認証
Screen
NAT
IPsec VPN
高可用性(HA)クラスタリング
統合脅威管理(UTM)
JN0-332筆記試験は、SRX シリーズ デバイス用ジュニパーネットワークス Junos ソフトウェアに関する中級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、セキュリティー技術とそれに関連するプラットフォーム構成の知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。

受験者にJN0-332試験に関する情報を提供するだけでなく、JN0-332問題と解答をはっきり解説いたします。

1.Regarding content filtering, what are two pattern lists that can be configured inthe Junos OS? (Choose
two.)
A. protocol list
B. MIME
C. block list
D. extension
Answer: B,D

2.After applying the policy-rematch statement under the security policies stanza, what would happen to an
existing flow if the policy source address or the destination address is changed and committed?
A. The Junos OS drops any flow that does not match the source address or destination address.
B. All traffic is dropped.
C. All existing sessions continue.
D. The Junos OS does a policy re-evaluation.
Answer: D

3.If both nodes in a chassis cluster initialize at different times, which configuration example will allow you
to ensure that the node with the higher priority will become primary for your RGs other than RG0?
A. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
preempt;
}
B. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
monitoring;
}
C. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
control-link-recovery;
}
D. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
strict-priority;
}
Answer: A