JN0-332試験は、SRX シリーズ デバイス用ジュニパーネットワークス Junos ソフトウェアに関する中級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、セキュリティー技術とそれに関連するプラットフォーム構成の知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。
試験コード:JN0-332
試験名称:セキュリティー、スペシャリスト(JNCIS-SEC)
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIA-Junos
Junos ソフトウェア リリース:12.1X47
推奨されるトレーニング:
Junos セキュリティー プラットフォーム(JSEC)
Junos 統合脅威管理(JUTM)
JN0-332試験合格することで、受験者が一般的なセキュリティー技術、SRX シリーズ デバイス用 Junos ソフトウェアについて理解していることが証明されます。
JN0-332認定試験に受かる勉強サイトを探しているのなら、Testpassportはあなたにとって一番良い選択です。
弊社のJNCIS-SEC認定JN0-332問題集は完全な無制限のダンプが含まれています。
JNCIS-SEC認定JN0-332参考書は最も包括的かつ最高速度によって更新のために有名です。
JNCIS-SEC認定JN0-332試験資料の合格率は97%以上に、JN0-332試験に合格するのに役立ちます。
JN0-332試験範囲:
Junos Security の概要
ゾーン
セキュリティー ポリシー
ファイアウォール ユーザー認証
Screen
NAT
IPsec VPN
高可用性(HA)クラスタリング
統合脅威管理(UTM)
JNCIS-SEC認定JN0-332試験範囲を十分に網羅するために試験内容を熟読することが重要です。
JNCIS-SEC認定JN0-332勉強材料は100パーセントに達したので、絶対あなたが試験を受かることに重要な助けになれます。
JNCIS-SEC認定JN0-332試験の認証資格を取るのは昇進したい人々の一番良く、最も効果的な選択です。
最新のJNCIS-SEC認定JN0-332参考書は実践の検証に合格したソフトで、手に入れたらあなたに最も向いているものを持つようになります。
無料なJN0-332サンブルをダウンロードしてください。

1.Regarding content filtering, what are two pattern lists that can be configured inthe Junos OS? (Choose
two.)
A. protocol list
B. MIME
C. block list
D. extension
Answer: B,D
2.After applying the policy-rematch statement under the security policies stanza, what would happen to an
existing flow if the policy source address or the destination address is changed and committed?
A. The Junos OS drops any flow that does not match the source address or destination address.
B. All traffic is dropped.
C. All existing sessions continue.
D. The Junos OS does a policy re-evaluation.
Answer: D
3.If both nodes in a chassis cluster initialize at different times, which configuration example will allow you
to ensure that the node with the higher priority will become primary for your RGs other than RG0?
A. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
preempt;
}
B. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
monitoring;
}
C. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
control-link-recovery;
}
D. [edit chassis cluster]
user@host# show
redundancy-group 1 {
node 0 priority 200;
node 1 priority 150;
strict-priority;
}
Answer: A